2007年07月27日

No.24

このところ「月刊」のペースで発行できております。
いつまで続きますことやら・・・。

手帖文庫が入荷するのは何年ぶりでしょうか。
むかし、紙の目録を発行している頃に掲載したことがあります。
このメールマガジンで紹介するのは初めてですね。

ほかには世界名作文庫が少しまとまった数で、また、角川文庫や河出文庫特装版のフランス文学が少しばかり入荷しました。

そのほか、追記しておくことは・・・

最後から3つ目、河出文庫、ブルトンヌの「性に目ざめる頃」。
なんともありきたりの題名ですが、生島遼一の解説によると
「自伝小説「ニコラさん、または、ありのままの人心」のうちの、幼少年期の全部および青年期の一部を訳出したものである」
とのことです。
ブルトンヌの「ムッシュー・ニコラ」といえば、あの澁澤龍彦編集「血と薔薇」に生田耕作訳で掲載されていたのを思い出しますが、これは全訳なのでしょうか?
講談社の世界文学全集「サド/ブルトンヌ」の巻にも掲載されていますが、
これは「ムッシュー・ニコラの幼少時代」という題名ですから、河出文庫と同じような内容なのでしょう。
ほかに筑摩書房の世界文学大系「サド/ブルトンヌ」の巻にも「ムッシュー・ニコラ」があります。


■■本日の絶版文庫新着品から■■

外套と青空
坂口安吾
手帖文庫

童話 どうしてそんなに物語
キプリング 石田外茂一訳
改造文庫

決闘(上下)
クープリン 梅田寛訳
改造文庫

愛と死の小説集
ブラスコ・イバーニェス 高橋正武訳
世界文庫

密告者
ライアム・オフラーティー 岡本成蹊訳
春陽堂世界名作文庫

仏蘭西短篇集
森鴎外訳
春陽堂世界名作文庫

血に飢えた神々
アナトール・フランス 村田義雄訳
春陽堂世界名作文庫

人間悲劇 外十篇
アナトール・フランス 杉捷夫訳
春陽堂世界名作文庫

世界選手
ポール・モーラン 飯島正訳
春陽堂世界名作文庫

後尾車にて・路上
レオンハルト・フランク訳
春陽堂世界名作文庫

悪魔が淵
ジョルジュ・サンド 田沼利男訳
春陽堂世界名作文庫

水夫
ピエール・ロティ 岡野馨訳
春陽堂世界名作文庫

機械破壊者
エルンスト・トラー 田村俊夫訳
春陽堂世界名作文庫

露西亜短篇集
森鴎外訳
春陽堂世界名作文庫

零落者の群
ゴーリキー 昇曙夢訳
春陽堂世界名作文庫
戦争
チーホノフ 黒田辰男訳
春陽堂世界名作文庫
贋のドミートリイ
メリメ 江口清訳
角川文庫

棄子のフランソワ
ジョルジュ・サンド 長塚隆二訳
角川文庫

マリーの仕事場
オードゥー 堀口大学訳
角川文庫
大人の為の童話
シチェドリン 大澤伸夫訳
世界文庫
性に目ざめる頃
レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 生島遼一訳
三笠文庫

赤と緑
スタンダール 小林正・山田爵訳
河出文庫

フランス短篇集(現代篇)
鈴木信太郎
河出文庫
Powered by さくらのブログ