2005年12月22日

No.16

今回は特段追加で説明することもないのですが、雑談をいくつか。

新潮文庫「ビリチスの歌」ですが、表紙と背には「ビリヂスの歌」と印刷されています。
「あれれ、新潮文庫は”ビリヂス”と表記しているのかな」と思いましたが、本文はすべて”ビリチス”です。
原文は”BILITIS”ですから「ヂ」になるはずないのですが・・。
新潮文庫の再版本だけの誤植なのか?

司馬遼太郎「梟の城」と堀辰雄「風立ちぬ」は、いくらでもある文庫ですが、初版はちょっと珍しいかと思い、掲載してみました。
「風立ちぬ」は昭和25年ですから堀辰雄はまだ存命だったわけです。
堀の存命中に出た文庫をちょっと調べてみましたら
「燃ゆる頬」「雉子日記」(ともに新潮文庫)に続いて「風立ちぬ」が三冊目になるようです。

本日の新入荷品から



賭博者
ドストエフスキー、原久一郎訳
春陽堂世界名作文庫


吹雪 外四篇
プーシキン、伊藤織雄訳
春陽堂世界名作文庫


赤い百合
フランス、石川淳訳
春陽堂世界名作文庫


ド・ブレオ氏の恋愛行状記
レニエ、矢野目源一訳
春陽堂世界名作文庫


虐げられし人々(前・後)
ドストエフスキー、昇曙夢訳
春陽堂世界名作文庫


南洋孤島の恋
ラ・ウリーヅ・ブルウン、山本貞司訳
春陽堂世界名作文庫


ダンテ神曲物語
熊田精華
春陽堂少年文庫


少年芭蕉物語
萩原蘿月
春陽堂少年文庫


四つの恋物語
フィリップ、前田鉄之助訳
第三次新潮文庫


僻地の旧習(全3)
シチェドリン、西尾章二訳
世界古典文庫


ビュビュ・ド・モンパルナス
フィリップ、小牧近江訳
第三次新潮文庫


ドゥブローフスキイ奇譚 他三篇
プーシキン、神西清訳
角川文庫


商船テナシチィ
ヴィルドラック、高橋邦太郎訳
角川文庫


癩者への接吻・母
モーリヤック、辻野久憲訳
角川文庫


時は止まらねばならぬ(上下)
ハックスリー、上田勤訳
角川文庫


火の河
モーリヤック、秋山晴夫訳
角川文庫


ライザの初恋
モーム、北川悌二訳
講談社文庫


ギャスケル夫人短篇集
田部重治訳
改造文庫


ジェニー・ゲルハート(上下)
ドライサー、高垣松雄訳
新潮文庫


萬葉代匠記(全6)
契沖、武田祐吉校註
富山房百科文庫

Powered by さくらのブログ