2006年05月19日

No.17

ご無沙汰いたしました。
前回の更新より半年経ってしまいました。
これでは「絶版文庫専門店」の看板を下ろさねばなりますまい。
まあ、この間も入荷は続いており、未整理品も積み上がっております。
追々、更新してまいりますので、どうかお見捨てなきよう・・。

ゴンチャロフの「平凡物語」が実に久々に入りました。
前回も汚かったのですが、今回もまた派手に汚れています(画像を御参照下さい)。
どうしてこの本はいつも汚れているのでしょうか?
まぁ古書市場に出てくるだけでも奇蹟のような本なので、状態は勘弁してください。
もっとも今回は、本文はきれいなので、マシなほうでは−と思っております。

ディケンズ「善神と魔神と(一)」は初めて当店の書架に入りました。
刊行途中で中絶しながらも、邦訳がこれしかない、ということで珍重されてきたことで有名ですね。
2001年についに全訳が出ましたが、それも、すでに版元品切れですね。

岩波文庫のボンゼルス「インド紀行(上下)」は特に珍しいわけでもありませんが、下巻は昭和20年9月10日の発行。
戦後最初の岩波文庫ということで紹介してみました。
この日の発行は「インド紀行(下)」一点のみ。
この前は7月10日の「ファラデー電気学実験研究(二)」となっています。
昭和20年一年間の刊行は8点でした。

本日の新入荷品から


女の学校・ロベェル
ジイド、新庄嘉章訳
春陽堂世界名作文庫


道化芝居
ハックスリー、村岡達二訳
春陽堂世界名作文庫


ルジア家
クラブント、富田幸訳
春陽堂世界名作文庫


ある兵士の話
クラブント、神波比良夫訳
春陽堂世界名作文庫


恋愛双曲線(前後)
ハックスリー、永松定訳
春陽堂世界名作文庫


戦争
チーホノフ、黒田辰男訳
春陽堂世界名作文庫


平和
グレエザー、大野敏英訳
春陽堂世界名作文庫


ポトマック
コクトー、麻上俊延訳
春陽堂世界名作文庫


葡萄畑の葡萄作り
ルナール、岸田国士訳
春陽堂世界名作文庫


聖なる漁夫(上下)
ダグラス、大久保康雄訳
角川文庫


帰郷 第一部
オニール、阪倉篤孝ほか訳
春陽堂世界名作文庫


メリメの手紙
平井程一訳
春陽堂文庫


片手美人
黒岩涙香
春陽堂文庫


人猿タアザン
バローズ、天岡虎雄訳
博文館文庫


僻地の旧習(全3)
シチェドリン、西尾章二訳
世界古典文庫


リンクスの殺人事件
クリスティー、延原謙訳
博文館文庫


シシリアの貴族
オルツィ、上塚貞雄訳
博文館文庫


アクセルの城
ウィルスン、大貫三郎訳
角川文庫


善神と魔神と(一)
ディケンズ、菊池武一訳
角川文庫


平凡物語(上下)
ゴンチャロフ、井上満訳
創元文庫


砂漠の息子
モブラン、深尾須磨子訳
角川文庫


モーヌの大将
フルニエ、水谷謙三訳
角川文庫


女だけの町
ギャスケル夫人、川原信訳
角川文庫
Powered by さくらのブログ