絶版文庫の新着品の中から当店の特選品を紹介します。
販売カタログは別途メールマガジンで配信します。

メールマガジンを読んでみようという奇特な方は氷川書房ホームページからお申し込み下さい。

2009年12月25日

No.32

ご無沙汰しております。
2009年も残りわずかとなりました。
今年は「グーグル図書館」問題や国立国会図書館蔵書の電子公開を可能にする法改正が行われ、本をめぐる世界を大きく変えるかもしれない「大地震」の鳴動のように感じました。
あとから振り返れば、2009年が転換点だった−と思うのかもしれません。
古本の世界が今後どうなるのか不安でいっぱいですが、一古本屋は淡々と日々収書にはげむのみです。

今回も補足点をいくつか。

まずは「マイナー文庫」が3点ほど。
「世界名著梗概叢書」は、海外文学のダイジェストもの。「アカギ叢書」の成功を見ての、後追い企画ですね。
大正11年から12年にかけて21冊ほど刊行されたようです。
抄訳文庫が流行するのを憂えた新潮社が、「全訳」を売りにする新潮文庫を創刊するに至るのは皆さん御存知の通り。

「大学書林文庫」は対訳。現在の「大学書林語学文庫」の前身と考えて良いでしょう。
昭和12年創刊で18年にいったん休止。戦後、昭和23年、装いを新たにして再刊されました。
今回御紹介するのは戦後版。

「汎美文庫」は、調べてみたけれどよくわかりません。
昭和23年の奥付で、紙質や製本の悪さから、いかにも「戦後乱立した文庫の一つ」という感じです。

古い文庫、とくに戦前は、刊行途中で打ち切られ、未刊に終わった作品が多いのは皆さんよく御存知の通りですが、世界名作文庫・イバニェスの「黙示録の四騎士」もそのひとつ。
全三巻の予定だったようです。
この作品、戦前と戦後の2回映画化されており、あちらでは結構有名な作品なのでしょうか?
邦訳はこの一冊しかないのが残念です。

第三次新潮文庫・ストリンドベリの「痴人の告白」は珍しい。当店初登場です。
ただ、作品としては山室静の訳もあり、また、この文庫と同じ三井光彌の訳も新潮社の世界文学全集に収められていますけれど。

同じく第三次新潮文庫のトルストイ「幼年・少年」は、珍しくもないおなじみの作品ですが、江馬修の訳はあまりないのでは。
江馬修の翻訳は3点ほどしかないようで、トルストイを訳したのはこの1冊だけです。

河出文庫「にごりえ・たけくらべ」もありふれていますけれど、木村荘八のカバー画がなかなか良いので御紹介したくなりました。 解説は佐多稲子が書いています。

今回も御予約締め切りは27日(日)とし、重複御注文は抽選のうえ、28日に発送いたします。
なんとか年内にお手元にお届けできると思います。

■■■今日の新着品から■■■

ベラミイ(前・後)
モーパッサン
世界名著梗概叢書

黙示録の四騎士 前篇
イバニェス 中山鏡夫訳
春陽堂世界名作文庫

夜ひらく
ポール・モーラン 堀口大学訳
第三次新潮文庫

痴人の告白(上下)
ストリンドベリ 三井光彌訳
第三次新潮文庫

幼年・少年
トルストイ 江馬修訳
第三次新潮文庫

シラー詩集
小栗孝則訳
改造文庫

悪魔の酒(全2)
E・T・A・ホフマン 浜野修訳
改造文庫

密航 他二篇
プリボイ 平井肇訳
改造文庫

戦慄 他
アルツィバーシェフ 昇曙夢訳
創元文庫

太陽は桑乾河を照らす(上下)
丁玲 坂井徳三・三好一訳
青木文庫

山内義雄訳詩集
角川文庫

にごりえ・たけくらべ
樋口一葉 木村荘八画
河出文庫

更生記
佐藤春夫
市民文庫

村山槐多詩集
創元文庫

富永太郎詩集
創元文庫

2009年06月27日

No.31

ご無沙汰を申し上げております。

半年ぶりの発行となります。

今回は岩波文庫・ゴンチャロフの「断崖」が入荷しております。
当店が扱うのは3回目。
状態は、2巻から4巻までは帯もついていますし、この本としては、まあまあ良いほうではないか−と思います。
特に、全部初版というのは珍しい。
この作品、御承知のように1巻と2巻の間に3年のブランクがあったがゆえ、1巻のみ再版が出たわけですね。
たまに、1巻だけバラで見かけることがあるのも、このゆえでして・・・。

岩波文庫・川上眉山の「観音岩」や世界名作文庫・ストリンドベリの「爛酔」なども珍しいですが、状態が悪く残念です。

■■■今日の新着品■■■

断崖(全5)
ゴンチャロフ 井上満訳
岩波文庫

観音岩(前・後)
川上眉山
岩波文庫

爛酔
ストリンドベリ 舟木重信訳
春陽堂世界名作文庫

ノラ
イプセン 森鴎外訳
春陽堂世界名作文庫

古城物語
ホフマン 平井程一訳
春陽堂世界名作文庫

山師トマ
コクトオ 河盛好蔵訳
春陽堂世界名作文庫

フィリップ短篇集
堀口大學訳
春陽堂世界名作文庫

深淵 他
アンドレーエフ 昇曙夢訳
創元文庫

或る平手打の話
アルツィバーシェフ 米川正夫訳
創元文庫

詩集 天上の炎
ヴェルハーレン 高村光太郎訳
創元文庫

ヘッダ・ガーブレル
イプセン 楠山正雄訳
角川文庫

悩める魂
マルセル・アルラン 佐藤文樹訳
角川文庫

死のスターリングラード(上下)
プリーヴィエ 舟木重信訳
角川文庫

ワイルド詩集
日夏耿之介訳
(第三次)新潮文庫

マレエヌ姫
メーテルリンク 山内義雄訳
(第三次)新潮文庫
嘘の力
ボーエル 宮原晃一郎訳
(第三次)新潮文庫

愛情の運命(上下)
シャルドンヌ 岡田眞吉訳
新潮文庫

ベリンスキー選集(全2)
除村吉太郎訳
世界文庫

夜のガスパール
ベルトラン 伊吹武彦訳
三笠文庫

君が人生の楽しき時
サローヤン 金子哲郎訳
近代文庫

ゲー・ムーランの踊子
シムノン 安堂信也訳
創元推理文庫

おもひ出す人々
内田魯庵
春陽堂文庫

魯庵随筆集(上下)
改造文庫

2008年12月19日

No.30

今回は当店にしては珍しくミステリーが入荷しております。
コレクターズアイテムとして有名な作品も入っていますが、
状態がいまひとつなので、是非、画像も御確認下さい。
当店の不得意分野なので、値付けは少しおかしいかも?

バルザック「二人の若妻の手記」(三笠文庫)
あいかわらず人気の高いバルザックですが、この文庫は案外見かけません。
少なくとも当店では初めて扱うと思います。
もっとも作品自体は全集の端本で比較的簡単に入手できますけれど。

今年は本号を含めて4回の発行にとどまりました。

私が怠けているせいもありましょうが、
珍しいものがなかなか集まらなくなりつつあるのも事実です。

当店の文庫は主に神田の古書市場で仕入れておりますが、
文庫に帯とパラフィンのついていた頃−昭和40年代前半までの文庫は
市場から急速に消えつつある−というのが実感です。

当店が本格的に絶版文庫を扱いだした10年ちょっと前には、
古書市場が開かれれば、数多い出品のなかに少なくとも1点くらいは古い文庫が何十冊・何百冊と一括で出品されていたものです。
その中には「おお!」というものが含まれていることも珍しくなかった。
また、「展覧会」と呼ばれる古書の催事販売の会場でも、古い文庫がたくさん売られていたものです。

日本全国から古書が集まってくる神田の市場で少なくなったということは、
古い文庫本の量そのものが減っている−と考えてよいと思います。

その理由はわかりません。
例えば最近の文庫に混じってブックオフのような新・古書店に売られ、廃棄処分になっている−ということも考えられます。

いずれにしても、今後は「帯とパラフィンの」文庫を集めるのは、さらに難しくなっていくでしょう。
回数はさらに減るかもしれないが、なんとか面白いものをお届けできるよう努力していく所存ですので、来年もどうぞお見捨てなきよう、お願い申し上げます。

■■■今日の新着品■■■

毒殺魔
ディクスン・カー 守屋陽一訳
創元推理文庫

ペテン師まかり通る
ヘンリ・セシル 平井呈一訳
創元推理文庫

殺す者と殺される者
ヘレン・マクロイ 中田耕治訳
創元推理文庫

二輪馬車の秘密
ファーガス・ヒューム 江藤淳・足立康訳
新潮文庫

標的走路
大沢在昌
双葉文庫

ポンピリア
ロバート・ブラウニング 村岡達二訳
春陽堂世界名作文庫

ノートルダムの傴僂男(全3)
ヴィクトル・ユーゴー 江間俊雄訳
春陽堂世界名作文庫

吾等の心
モーパッサン 高木安雄訳
春陽堂世界名作文庫

ハイネ・浪漫派
石中象治訳
春陽堂世界名作文庫

ヘルマン戦争
クライスト 濱野修訳
改造文庫

ルーソーと浪漫主義(上下)
アーヴィング・バビット 崔載瑞訳
改造文庫

ユリシーズ(全5)
ジョイス 森田草平ほか訳
岩波文庫

二人の若妻の手記(上下)
バルザック 鈴木力衛訳
三笠文庫
Powered by さくらのブログ